YouTubeはライブ配信も可能!始め方や稼ぎ方を徹底解説! 

近年多くの芸能人が参入していて人気が拡大しているYouTubeですが、動画投稿のプラットフォームとして多くのユーザーに利用されています。 

そんなYouTubeは、なんとライブ配信も可能です。 

しかし、YouTubeでライブ配信をするためにはいくつかの条件もあり、誰でもすぐに始めることができるわけではありません。 

YouTubeライブが出来るのは知っているけど始め方がわからない」 

「収益化は可能なの?」 

「好きなことをして稼ぎたい!」 

「自分もライブ配信をしてみたい!」 

今回はそんなYouTubeライブについて詳しく解説をしていきます! 

YouTubeの人気が拡大している

近年YouTubeの人気は拡大しており、またYouTuberの数もとても増えてきています。 

また、YouTuberの地位も向上してきており、ここ数年では芸能人以上に憧れが強い職業になってきています。 

子供の「なりたい職業ランキング」でも、なんと1位にランクインするようになっているようです。 

そして、ユーザーの数も圧倒的に増えており、普段はテレビは見なくてもYouTubeは見るという人も若者の中ではとても多いようです。 

YouTubeはいつでも好きなときに見ることが出来るので、テレビのように見逃してしまうようなことがなく、毎日好きなコンテンツを見ることが出来ます。 

そんなYouTubeですが、実は動画投稿だけではなくてライブ配信をすることも可能です。 

ライブ配信は多くのYouTuberが利用をしており、普段は動画に出演しているようなYouTuberをリアルタイムで見ることができ、また、コメントをすることもできるため、身近に感じることが出来ます。 

では、そんなYouTubeではどのくらい稼ぐことが出来るのでしょうか? 

YouTuberとして稼ぐことが出来るようになれば、好きなことをして稼いでいくことが可能です。 

しかし、収益がどのような仕組みになっていて、どのように始めればいいのかなどわからない人も多いはずです。 

大前提として、YouTubeには収益化の条件があり、またその条件をクリアするにはかなりハードルが高いです。 

ではYouTubeの動画投稿やライブ配信での収益について解説をしていきます! 

 YouTubeのライブ配信は稼げるの?

近年ライブ配信の人気が拡大しており、今ではツイキャス、ティックトック、イチナナ、ポコチャ、インスタグラム、ニコ生などライブ配信を行うアプリがたくさん溢れています 。

そして、YouTubeのライブ配信はこれらのライブ配信アプリとは大きく異なる性質を持ちます。 

ライブ配信の魅力は配信者と視聴者がリアルタイムでやりとりを行うことができることです。 

そのことにより、視聴者は動画よりもライブ配信の方が配信者を身近に感じることが出来ます。 

また、配信者も動画編集などの準備をする必要がなく、気軽に行うことが出来るため好んでライブ配信をする人も多いです。 

では、YouTubeでのライブ配信は一般的なライブ配信アプリとは何が異なるのでしょうか? 

YouTubeライブのメリットは以下の通りです。

①視聴者層が幅広いので多くの人に見てもらえる 

②画質や音質がいいので色々なコンテンツに対応できる 

YouTubeは他のライブ配信アプリと比べても圧倒的なユーザーの多さを誇っています。 

そのため幅広い人にライブ配信を見てもらえる可能性がとても高くなります。 

また、他のライブ配信アプリと比べてライブ配信の回線も安定していて、高画質のライブ配信を行うことが出来ます。 

特に、ゲーム配信をする人にはYouTubeライブがオススメだと言えます。 

また、収益化をすることができれば他のライブ配信アプリよりも多くの収益を得られる可能性もあります。 

ではここからはYouTubeライブの収益について詳しく解説をしていきます。 

YouTubeライブの収益とは? 

YouTubeライブでは広告収入スーパーチャットによる収益を得ることが可能です。 

広告収入は通常の動画のように、配信を開いたときに広告が流れる仕組みになっており、YouTuberのメインの収入源になっています。 

また、広告の収益の金額についてはCMの再生回数や広告のクリック回数によって決まります。 

そのため、ライブ配信を見てくれる視聴者が多ければ多いほど広告収入も増えていきます。 

そして、ライブ配信をする際にもう一つ大きな収入源になるのはスーパーチャットです。 

スーパーチャットはYouTubeライブ配信中に得られる投げ銭のことです。 

このスーパーチャットは他のライブ配信アプリと比較しても還元率は高くなっています。 

そして金額も100円のものから5万円のものまで、幅広い範囲で用意されています。 

しかし、一般的なライブ配信アプリでは投げ銭はまさに醍醐味であり、一回の配信でかなり多くの投げ銭のやりとりがありますが、YouTubeのライブ配信では回数があまり多くはありません。 

そのため、YouTubeのライブ配信で稼ぐためには広告収入とスーパーチャットの両方から収益を得ることが必要になります。 

しかし、大前提として、これらの収益を得ることが出来るのはチャンネル登録者数1000人以上・過去1年間の総再生時間が4000時間以上という条件があります。 

この水準はなかなか達成することが出来るものではなく、かなりの努力が必要になるため、初心者でも稼ぎやすいと言えるのは一般的なライブ配信アプリです。 

どんな人にYouTubeライブがオススメなの? 

YouTubeライブは一部の配信者にとっては多くの収入を得ることが出来るためオススメできますが、YouTubeライブをオススメできない配信者の方も多くいます。 

YouTubeライブをオススメできるのは以下の配信者です。 

・ある程度知名度のある配信者 

・もともとYouTuberとして活躍をしている人 

・収益がなくてもいい初心者 

大前提として、YouTubeのライブ配信で収益を得ることが出来るようになるためにはチャンネル登録者数1000人以上・過去1年間の総再生時間が4000時間以上という条件を満たす必要があります。 

逆に、この水準を満たしていない場合はYouTubeのライブ配信で収益を得ることが出来ません。 

そのため、元々YouTuberをやっていてこの水準をクリアしている人であればすぐに収益を得ることができますが、初心者の方はしばらく収益を得ることが出来ません。 

一方、17LiveやPocochaなどのライブ配信アプリであればどんな初心者の方でも初めから収益を得ることが出来ます。 

また、新人イベントなどもあり、自分の存在をリスナーに知ってもらえるきっかけもとても多くなります。 

一方、YouTubeでは初めからオススメに表示されるようなことはほとんどないため、ファンを獲得するのは困難です。 

そのため、初心者には圧倒的に17LiveやPocochaなどのライブ配信アプリがオススメです。 

YouTubeのライブ配信についてまとめ!

近年YouTubeは、ユーザーの数も圧倒的に増えてきており、普段はテレビは見なくてもYouTubeは見るという人も若者の中ではとても多いようです。 

YouTubeはいつでも好きなときに見ることが出来るのでテレビのように見逃してしまうようなことがなく、毎日好きなコンテンツを見ることが出来ます。 

そんなYouTubeは、実は動画投稿だけではなくてライブ配信をすることも可能です。 

ライブ配信は多くのYouTuberが利用をしており、普段は動画に出演しているようなYouTuberをリアルタイムで見ることができ、また、コメントをすることもできるため、身近に感じることが出来ます。 

YouTubeのライブ配信はチャンネル登録者数1000人以上・過去1年間の総再生時間が4000時間以上という条件を達成している配信者であれば収益を得ることが可能です。 

ユーザーは全世界にいるため、収益化することができればかなり稼げるようになります。 

ライブ配信をするならライバー事務所に所属しよう 

ライブ配信を始めたくても始め方がわからないという方や今後もっとライブ配信を頑張っていきたいという方はライバー事務所に所属することをお勧めします。 

ではライバー事務所はどこがいいのでしょうか? 

ライブ配信事務所は還元率が高くサポートが手厚いところに所属するようにしましょう。 

ベガプロモーション2000人以上のライバーが所属している大手のライバー事務所です。 

ベガプロモーションでは国内で利用されている代表的なライブ配信アプリは全て取り扱っているので自分が始めたいライブ配信アプリで活動をすることができます。 

これまでにたくさんのライバーを見てきているからこそのノウハウも確立されています。

ノルマなども一切ないため自分のペースでライブ配信者として活動して楽しむことができます。 

LINEでの相談も受け付けているので気軽にご連絡ください! 

べガプロモーションのQRコード

ベガプロモーションのリンクはこちら→https://vega-promotion.com/

ベガプロモーションへのリンク

YouTubeはライブ配信も可能!始め方や稼ぎ方を徹底解説! 
トップへ戻る