会社員の副業探し、覚えておきたい注意点とおすすめのお仕事は?

近年働き方が多様になってきており副業を許可する会社も増えてきています。

働き方も自由になったところが多く、特に新型コロナウイルスの影響もあり在宅ワークが増え、会社員の働き方が大きく変わりました。

そんな今だからこそ、副業に挑戦してみようと考えている方も多いのではないでしょうか。 

そこで会社員におすすめの副業をご紹介します。

副業を始めるにあたって知っておきたい注意点やポイントもまとめて解説します。

 

会社員の副業が増えている!

副業を認めるだけでなく、社員の副業を推奨する会社も最近では見受けられます。

近年では会社員が副業を始めるケースも珍しくありません。

お堅いイメージ代表の某メガバンクも2019年秋に副業を解禁し推奨し始めました。

希望者は本業を週3~4日にする制度もあるそうです。

とはいえ、多くの会社では週5日のフルタイムの勤務は変わらず、副業に多くの時間は避けないもの。

本業と両立させながら行うのが大前提でしょう。

業務のバランスがとりやすく、手軽に始めやすい仕事を選ぶのがポイントです。 

会社員にぴったりな副業5選

データ入力 

黙々と作業に取り組むのが向いている方なら、データ入力の副業がおすすめ。 

数字などのデータを帳簿に入力したり、音声データを文字に起こしたりと、特別なスキルを必要としないものが多く、誰でも気軽に始められます。

自宅で作業できるため、仕事後や休日のすきま時間をうまく活用できます。 

多くの場合は、時給制ではなく、案件ごとの出来高制なので、本業でパソコンスキルが身に着いている方、タイピングが得意な方は効率よく稼ぐことができるでしょう。 

クラウドソーシングなどには多くの案件があります。

中でも音声データの文字起こしなどは比較的高単価な案件も多く、最初は人それぞれの癖がでる話し言葉の文字起こしに苦労する方も多いようですが、次第に慣れますし、これも普段の業務で経験のある方ならすぐに取り組めるものでしょう。 

本業でパソコンを使っており、そのスキルを活用しながら、休日のスキマ時間を有効活用したい方に時におすすめのお仕事です。

ハンドメイド販売 

趣味でお金を稼ぎたい方、ものづくりが好きな方なら、手作りアクセサリーや小物、衣類などを販売するハンドメイド販売の仕事が良いでしょう。

フリマアプリ通販サイトを通して、自分の作品を販売できます。 

制作から値段決め、販売するまでのやりとりをひとりで行う必要があるため、それなりに手間はかかますが、ノルマなどがないため自分のペースで進められます。

何よりも、自分の作品で誰かが喜んでくれる喜びは大きく、やりがいになるでしょう。 

普段のお仕事から離れ、気晴らしにもなる趣味で、お金も稼いで誰かを喜ばせたいと思う方にはぴったりの副業です。 

アンケートモニター 

移動時間などのスキマ時間で気軽に行えるのがアンケートモニターの仕事。

アンケートサイトを通して、企業や自治体、メディアなどのアンケートに答えることでポイントを貯め、ポイントは現金や商品券などに換えられます。 

アンケートは簡単に答えられるものから、実際に商品を試してみてレビューするものまで、さまざまな種類があります。

自分の関心があるものや付与されるポイント数など、回答するアンケートを自由に選べるのも魅力です。 

スマホやパソコンから回答するWEBアンケートはたいていの場合、予備調査と本調査に分かれており、予備調査は対象者条件の確認を行うための調査で1~5ポイントなど少なめの相場です。

この対象者条件に合致した場合に本調査に進むことができ、10~100ポイントと獲得ポイント数の相場も上がってきます。

この本調査に進むためのコツとして、アンケートを入力する際、必須項目だけでなく任意項目も出来る限り入力しておくといいそうです。 

WEBアンケートよりも報酬がいいのが会場調査です。

指定の日時に指定会場へ行き、試食や試飲、試用して感想などを記入するアンケートです。

謝礼相場は現金だと2000~5000円ほどだそうです。 

また座談会や個別インタビューなど、他にも様々な形態のアンケートがあります。

商品モニターなどで、新商品を試すことが楽しいという方もいます。

自分でやる内容を選んで参加できるのがいいですね。 

コツコツとした作業が得意な方や、ちょっとしたお小づかいを稼ぎたい方におすすめです。 

デリバリー 

外に出たり、身体を動かしたりするような副業がしたいという方には、デリバリー業務をおすすめします。

自転車やバイクに乗って、飲食物などを運ぶ仕事です。

普段から自転車やバイクに乗る機会が多いなら、スムーズに始められるでしょう。 

デリバリーにはノルマなどもないため、マイペースに取り組みたい方にも向いています。

さらに、在宅ワークが増えて運動する機会が減った現在、ちょっとした運動不足解消にも役立つかもしれません。

需要が高まっている仕事のひとつなので、仕事に困ることもないでしょう。 

ライブ配信 

自宅で副業をしたい、人との交流が好きという方には、ライブ配信がおすすめです。

報酬は使用する配信アプリによっても異なりますが、配信を見てくれたリスナーからの「投げ銭」によって収入を得るのが基本です。

特別な機材などは必要なく、スマホひとつで配信できるうえ、動画の編集作業なども必要ないので、誰でも気軽に始められます。 

リスナーとの会話を楽しんだり、ダンスや歌、料理など特技を披露したり。

自分の個性を生かせる副業といえます。 

人気の度合いや配信時間によって差がありますが、収入は月に数千円から数万円とさまざまです。

ライバーを本業としている方の中には、月に100万円稼いでいるというケースも。

好きなことをしながら、高収入を狙いたい方はライブ配信が向いているといえます。 

会社員が副業する際の注意点 

ここまでさまざまな副業を紹介しましたが、会社員が副業をする際は注意すべき点もあります。

たとえば、副業の形態がアルバイトやパートであっても、要件を満たせば社会保険に加入しなければなりません。

本業の会社の分にプラスして副業分の社会保険料を支払うことになるのです。 

また、副業の収入が20万円以上になった場合は、基本的に確定申告しなければなりません。

普段、会社が年末調整をしてくれるので、会社員の方にとっては慣れていない場合も多いでしょう。

しかし、手続きを忘れずに行う必要があります。

さらに、たとえ副業の収入が20万円以下であったとしても、住民税の申告は必須です。

意外と見落としがちなので、忘れないようにしましょう。

税金の申請漏れは罰則対象なので、よく注意して漏れのないようにしましょう。 

会社員が副業するなら、続けやすい仕事を選ぶのが大切 

働き方の自由度が増している現在、本業とのバランスを考えながら、お金を稼げたらうれしいですよね。

副業をする際は、できるだけ時間的な拘束や精神的な負担がなく続けやすい仕事を選ぶのがポイント。

自分のスキルを生かすのもよし、本業とは全く違うジャンルの仕事にチャンレジしてみるのもよし。

今回紹介したおすすめの副業と注意点をふまえて、ぜひ自分にあった仕事を見つけてみてくださいね。 

おすすめは「ライブ配信」!でもはじめては不安?そんな時は事務所のサポートを得よう!

今回ご紹介した中でも、特におすすめしたいのが「ライブ配信です。

なぜならスキル不問スマホ一台でできる手軽さと、時間の自由さが忙しい会社員の方の副業にぴったりだと思うからです。 

ライブ配信というと、絶対に顔を出して何かおもしろいことをしなきゃいけないのでは…と思われている方が多いのですが、全くそんなことはありません。

顔を出さないラジオ配信も最近とても多いですし、特別な何かがなくても活躍されている方はたくさんいます。

(会社に内緒で、あまり知人にバレたくない方などは特に、音声のみのラジオ配信がいいでしょう。) 

では何が求められるかというと、「コミュニケーション能力」「継続力」です。

トークスキルもあるに越したことはありませんが、最初は自分のトークだけで楽しませようとするのではなく、来てくれるリスナーさんとのやり取りを楽しんだり、気遣ったりなど双方向のコミュニケーションをとることで関係を築くことができ、そうしているうちにファンが増え応援してくれる人の求めているものなどがわかるようになってくるのです。

普段会社で人と関わるお仕事ならば、いつも意識されていることかもしれませんね!

とはいえ、最初から上手くいくことは、他のものと同様に少なく、最初は試行錯誤しながらやっていきます。

この時に簡単にあきらめず、粘り強く続ける継続力が求められるのです。 

しかし、全く何もわからない状態から試行錯誤と言われても、何をどうやればいいのか…という方も多いでしょうし、はじめてからも悩み事や相談したい事がある時、気軽に頼れる相手がほしいという方も多くいらっしゃいます。 

そんな方におすすめしているのが事務所への所属です。

事務所と言ってもたくさんあるので、お仕事探し同様見極めが必要ですが、自分にあった事務所に所属できれば初期サポート(事務所によっては機材貸し出しなどもある)はもちろん、どんな風に配信すればいいのかというアドバイスをしてもらえたり、知名度や人気を上げるための宣伝活動をしてくれたりと、ライブ配信がとてもやりやすくなります。 

重ねて言いますが、事務所の見極めは注意が必要です。

中には理不尽で危険な事務所もありますので、よく調べて検討し、また契約も最初は短期契約にするといいでしょう。 

ベガプロモーション」は2000人以上のライバーが所属しており、国内で利用されている代表的なライブ配信アプリは全て取り扱っているので自分が始めたいライブ配信アプリで活動をすることができます。 

これまでにたくさんのライバーを見てきているからこそのノウハウも確立されています。

ノルマなども一切ないため自分のペースでライブ配信者として活動して楽しむことができます。

海外にも強いので海外志向のライバーさんにもおすすめできます。

問い合わせたら、無理やり勧誘されるなんてこともありませんので、気になる方はぜひお気軽に問い合わせてみてくださいね!

べガプロモーションのQRコード

 会社員の副業探し、覚えておきたい注意点とおすすめのお仕事は?
トップへ戻る