Pococha(ポコチャ)とふわっち、なにが違うの? 

新型コロナウイルスの影響もあり、おうち時間の過ごし方として、また副業として「ライブ配信」を選ぶ方がとても増えています。人気の理由はたくさんありますが、中でも大きいのがその「手軽さ」でしょう。スマホにアプリを入れるだけで始められ、時間も場所も問わない、いつでも好きな時に好きなところで好きなようにできる!そんな圧倒的手軽さが人々を魅了していることは確かです。
しかしいくら手軽であるとはいえ、いざ本当に始めるとなったら、特に配信者として始めるとなると、ライブ配信アプリも多すぎてどれを始めるべきか迷ってしまう…なんて方も多いようです。
そこで今回は、「Pococha(以下ポコチャ)」と「ふわっち」の2つのアプリについて、どんな違いがあるのか、どんな人に向いているのか、比較し解説していきます!

ポコチャとふわっち、それぞれの特徴は?

ポコチャ

ポコチャ は、野球チームでも有名なDeNAが運営する、2017年にリリースされた比較的新しい動画配信アプリで、現在100万ダウンロードを突破しています。ライバーやリスナーの男女比は半々ほど。もちろん他のアプリ同様、スマホにアプリを無料ダウンロードするだけでスタートできます。 

ポコチャの特徴は、①24時間のセキュリティ体制、②稼ぎやすさ、③ライバーとリスナーの距離が近いアットホーム感などが挙げられます。 

 ①24時間のセキュリティ体制

ポコチャでは24時間体制で違反行為などがないか監視するセキュリティ体制がとられています。迷惑行為やコメント荒らしに対する通報機能や、コメントの禁止、ブロック対応など問題への対応もきちんとしています。ブランドコンセプトとして「Live Link Life~今この瞬間を、いつまでも。」を掲げ、すべての人にとって居心地のいい場を提供することで、利用者の繋がりや楽しみを守り提供しているのです。このようにセキュリティが万全な点は初心者の方にとっても安心ですね。 

 ②稼ぎやすさ 

 ポコチャはよく「稼ぎやすい」と言われています。その理由の一つは、その報酬システムにありますので、こちらは後ほど詳しく解説します。別の理由として、他のアプリと比較して、芸能人や有名人の参入が少なく、一般人の初心者でも活躍しやすいという点があります。この点においてポコチャは、ライブ配信が初めての方には特におすすめです。 

 ③ライバーとリスナーの距離が近いアットホーム感 

 ポコチャには、ファミリー機能という機能があります。これは、ライバーとそのライバーを応援するリスナー、ファンのグループチャットのようなもので、ライバーとリスナーが会話を楽しんだり、活動の計画について話し合ったりしています。ポコチャに限らず、ライブ配信において活躍・成功するにはライバーひとりの力では成し遂げられません。ライバーとリスナー、ファンが協力してこそ活躍できトップライバーになれるのです。ポコチャには、このようにライバーとリスナーの距離が縮まりやすい機能があり、多くのユーザーがこのアットホームな雰囲気に満足しているようです。 

 

まとめると、ポコチャの特徴は初心者でも始めやすい安心感とアットホーム感といえるでしょう。 

ふわっち 

ユーザー数が20万人を超えるふわっちは、2015年に登場したライブ配信アプリ。利用者の男女比は半々で、年齢層は20代〜40代と幅広く、顔出しで雑談系の配信をする方が多いようです 

ふわっちの特徴は、①匿名コメントもできる自由さ、②マイペースな配信ができる、③イベントが多い、などが挙げられるでしょう。 

①匿名コメントもできる自由さ 

多くのアプリでは匿名コメントなどができない仕組みですが、ふわっちには匿名でコメントできるモードがあります。(配信者が通常モードを選んだ際は匿名コメントはできません。)匿名コメントモード(「キツネ」「タヌキ」モード)では、匿名で書き込めるからこその気軽さで、より盛り上がった配信ができたりもします。かつてのニコ生のような、マニアックな雰囲気がクセになるという声も。時には悪質コメントなども目立つようですが、ブロックや退場機能もあり、治安維持面もきちんと対策されています。 

 ②マイペースな配信ができる 

 ポコチャなど多くのアプリでは、ライバーのランクやレベルがつけられており、配信をアイテムなしで休むとこのランクやレベルが下がってしまうケースが多いです。毎日コツコツと配信することが求められますが、ふわっちにはこのようなランクがないので、本当に「好きな時に」配信をすることができます。 

 ③イベントが多い 

 ふわっちの特徴のひとつにイベントの多さがあります。還元率がとても高くなるイベントやコラボイベントなども多く開催されるので、飽きずに楽しむことができるのはとても魅力的ですね! 

まとめると、ふわっちの魅力は適度な自由さと気楽さといえるのではないでしょうか。 

ポコチャとふわっち、報酬システムの違いは? 

ポコチャ

ポコチャが「稼ぎやすい」と言われている理由のひとつである報酬システムですが、翁特徴が「2種類のダイヤ」です。ポコチャの報酬は「1ダイヤ=1円」に換金可能なダイヤでの支給となりますが、このダイヤは「時間ダイヤ」と「盛り上がりダイヤ」の2種類あります。ダイヤそのものは同じものですが、もらえる方法が異なるのです。

「時間ダイヤ」は、配信時間に応じてもらえる時給のようなものです。「ようなもの」、というのは配信時間全てに対して支給があるわけではなく、上限があるためです。時間ダイヤのもらえる上限は、1日あたり4時間まで、1週間あたり19時間まで、1か月あたり75時間までです。つまり1日に5時間配信しても、時間ダイヤとしてもらえるのは4時間分というわけです。 

1時間あたりにもらえるダイヤの数は、ライバーランクに応じて決まります。ライバーランクとは、ライバーのレベルのことで配信頻度や配信の盛り上がりなどから決まり、これは毎日変動します。(「おやすみチケット」というアイテムなしで3日休むと自動で1ランク下がってしまうので要注意!) 

ライバーランクは大きくE~Sの6段階、さらにD~Aは3段階ずつ、Sランクは6段階に分けられています。 

Eランクでは1時間あたり30ダイヤもらえますが、Bランクになれば1200ダイヤ~、Sランクになれば3000ダイヤ~もらえます! 

さらに毎日、同じランク帯内で順位が発表され、1位~3位になるとボーナスダイヤももらえます。S6ランクで1位、つまりは全体でも1位を取得するともらえるダイヤは、なんと12000ダイヤ!夢がありますね!! 

こうした時間ダイヤシステムは、初心者で投げ銭などがあまりもらえなくても収入が得られるシステムのため、ポコチャは稼ぎやすいと言われるのです。

もうひとつの「盛り上がりダイヤ」は、配信中のアイテム利用やコメントの量、視聴人数と各視聴時間などから計算され算出されます。この具体的な計算式は明かされていません。

ふわっち 

ふわっちでは、リスナーが配信中のライバーに応援や感謝の気持ちを込めてアイテムを送る「投げ銭機能」が主な収入源となります。還元率はアイテム価格の50%と、ほかの配信アプリに比べて高めに設定されているのが特徴です。 

また、「デイリー」「マンスリー」といったランキングがあり、上位者には賞金が贈られるほか、毎月開催されるさまざまなイベントに参加すれば豪華商品をゲットするチャンスも。さらに配信の盛り上がりに応じてポイントも貯まっていくなど、稼ぐための方法がさまざま用意されている点が魅力です。 

Pocochaとふわっち、それぞれどんな人が向いている? 

ポコチャ 

ポコチャに向いているのは、初心者やこれからライバーとして活動していきたい人でしょう。ほかの配信アプリに比べてユーザー数も少ないために注目を集めやすく、メディア掲載のチャンスがあるイベントなども多く開催されています。また先述の通り、専門のセキュリティチームによる24時間体制の監視が行われるので、安心して配信を行うことができます。 

ふわっち 

ふわっちは、収益を上げる仕組みが充実しているので、たくさん稼ぎたい人やすきま時間で副業を考えている人に向いています。またトークを楽しみにしているリスナーが多いため、話をするのが好きなタイプやコミュニケーションを重視したい人なら長く続けられるでしょう。 

ライブ配信初心者なら「ポコチャ」、すぐに高い収益を得たいなら「ふわっち」 

ライバー初心者や安心して配信を楽しみたい人にはポコチャ、コミュニケーションが得意でたくさん稼ぎたい人にはふわっちがおすすめです。ただし、はじめから配信で収益を上げるのは難しいため、「稼げるライバーになりたい」と思っても、慣れていないうちはポコチャでコツコツ配信していくなどもありだと思います。

アプリによっても雰囲気が異なるため、まずはリスナーとして視聴してみてそれぞれを比較してみると良いですよ。 

気になる事務所所属!安全?どう選ぶの?おすすめは? 

現在、今回ご紹介したポコチャ以外でも、場所や時間を問わず、自分の好きなことで楽しみながら稼ぐことができる仕事としてライブ配信アプリはとても人気が高まっています。 

スマホ一つで誰でも気軽に簡単に始めることができますし、他の都合で忙しくなってしまったら活動をお休みすることもできます。 

自分のスケジュールに合わせてお金を稼げることはとても大きなメリットですよね。 

一方で、一から全部ひとりで決めて準備して、ということに不安を感じたり、 初めてみたもののなかなか収益に結びつかなかったりすることもあるかもしれません。 

そんな方にオススメなのが、事務所への所属です。 

もちろん、事務所の選び方には注意が必要ですし、セキュリティやプライバシー面でも、金銭面でも、安心で安全な事務所をよく見極めて選ぶ必要がありますが、準備や活動、広報のアシスト・サポートをしてくれる事務所は大きな力になってくれます。 

選び方としては、まず何より「自分はどんな配信をしたくて、どんなサポートを受けたいのか」最初に明確にしておくことが大切です。わからないままいろいろと事務所を見ていると、ああここよさそうだな…ここもよさそう…なにか違いはあるようだけど、自分がどっちがいいのかよくわからないな…ということになりかねません。

自分に合った事務所を見つけるためには、自分の希望やビジョンをなんとなくでもいいので、最初に考えておくといいでしょう。 
また所属したい事務所が見つかっても、はじめから長期の契約をすることは危険です。どんな自分にあっていると思っても、万が一合わなかったどうでしょうか?楽しかった配信すら楽しくなくなってしまうかもしれません。まずは短期契約からしてみて、自分に合っていることを確かめてから、長期契約することがおすすめです。 

ベガプロモーションは2017年より運営しており、所属タレントが2000名を超えるライバー特化型の大手事務所です。 

有名人気ライバーも多く在籍しており、その特徴としては 

「ルールや規則が少なく、ノルマがないこと」 

「海外進出にも強いこと」 

「一人ひとりのスタイルに合わせたサポート」 

などがあげられます。膨大なノルマが欲しいという方にはあまり合わないかもしれませんが、ノルマやペナルティがなく、自分の好きなように自由に活動したいと考えている方にはぴったりでしょう。 

他にも事務所は多くありますし、よく検討して、ぜひ自分に合った安全な場所を見つけて、楽しく稼げるライブ配信ライフを送ってくださいね!! 

 

気になった方はぜひベガプロモーションのHPをご覧ください!


ベガプロモーションへのリンク

Pococha(ポコチャ)とふわっち、なにが違うの? 
トップへ戻る