Pococha(ポコチャ)とツイキャスの違いは?それぞれの特徴を徹底比較!

現在、ライブ配信アプリが空前のブーム。コロナの影響で自宅で過ごす時間が増え、自宅でできる趣味として始めた人もたくさんいるでしょう。しかし、ライブ配信アプリといっても、さまざまな種類のものが存在します。今回は、その中でも「Pococha(ポコチャ)」と「ツイキャス」をご紹介します。それぞれの特徴を徹底比較していきます。自分にあった方を選んで、始めてみてはいかがでしょうか。

Pococha(ポコチャ)とツイキャスは何が違うの?の特徴を比較! 

まず、Pococha(ポコチャ)とツイキャスはユーザー数が大きく異なります。また、それぞれが持つ雰囲気も異なります。詳しく見ていきましょう。  

Pococha(ポコチャ)の特徴 

Pococha(ポコチャ)はツイキャスよりも新しいライブ配信アプリです。これまでの総ダウンロード数は50万ほどと言われています。よって、他のライブ配信アプリよりもまだユーザー数が少ない現状です。まだライバルが少ないので、これからライブ配信を始めたい方におすすめのアプリです。 

アットホームな雰囲気を売りにしているので、ライバーとリスナーの交流を楽しみたい方向けのアプリです。  

ツイキャスの特徴 

ツイキャスは2010年にリリースされ、ライブ配信アプリの中では歴史が長いことで知られています。これまでの総ダウンロード数は3000万にまで昇り、他を圧倒しています。 

ツイキャスの特徴としては、配信の際に顔出ししないパターンが多いという所です。

YouTube Liveやニコ生に似ています。SNSとの連携がしやすいので、コメントや投げ銭が頻繁に行われるという特徴もあります。

次に、それぞれの魅力や、特徴的な機能やツールを紹介していきます。

Pococha(ポコチャ)の魅力 

報酬は「ダイヤ」 

Pococha(ポコチャ)最大の特徴は、その報酬システムにあります。「ダイヤ」と呼ばれる報酬があり、1ダイヤ=1円で換金することができます。

このダイヤには2種類あり、「時間ダイヤ」と「盛り上がりダイヤ」と言われます。「時間ダイヤ」は、配信した時間の長さによってもらえます。「盛り上がりダイヤ」は、配信中にリスナーからもらったいいねやコメント、アイテムなど、どれほど配信が盛り上がったかに応じてもらえます。

「時間ダイヤ」のシステムがあるので、まだ配信を始めたばかりでリスナーが少ないライバーも稼ぎやすいという魅力があります。

Pococha(ポコチャ)における配信時間の上限は、1日に2時間30分です。1時間にもらえるダイヤの数はライバーのランクによって変動します。1番上のランクにいるライバーは、1時間に3500ダイヤをもらえます。

豊富な「フィルター機能」 

Pococha(ポコチャ)には、顔をきれいに見せるフィルター機能が充実しています。目の大きさ、肌の明るさ、顔の輪郭などを修正することができます。 

ライブ配信は多くの人に見られているので、見た目も気になりますよね。フィルター機能があれば容姿に自信のない人でも自信を持って配信をできます。また、寝起きでスッピンのときでも顔のコンディションを気にせずに配信することができます。フィルター機能があれば気軽に配信することができるので、ライバー活動を継続しやすいですね。 

ファンとの距離が縮まる「ファミリー機能」 

Pococha(ポコチャ)には、「ファミリー」と呼ばれる機能があります。ファミリーはライバーとそのファンのグループのことを言います。ファミリー機能を使うことで、イベント時の作戦会議などをすることができます。この機能を最大限活用することで、ライバーとファンの絆を深めることができます。 

また、ライバーはファミリーのメンバーの中から最大5人まで「アシスタント」を任命することができます。このアシスタントは管理人のようなもので、迷惑行為や悪質なコメントをするリスナーを排除するなどの管理権を与えられます。ライブ配信の環境をより快適なものにでき、みんなが楽しめる空間にできます。ライバーにとっては心強い存在です。 

メディア出演権を賭けたイベント 

Pococha(ポコチャ)では、イベントが頻繁に開催されています。月に20本以上開催されることもあります。このイベントで上位を獲得したライバーは、Pococha(ポコチャ)オリジナルグッズや景品を獲得することができます。それだけでなく、Pococha(ポコチャ)の広告への出演権や有名雑誌への掲載権を獲得できるチャンスもあります。 

芸能活動をしている人にとっては、知名度を上げるチャンスです。また、将来的に女優やモデルを目指している人にとっては、イベント参加を機に夢をつかめるかもしれません。 

イベント開催時にはライバーとリスナーが一体となり、ライブ配信もいつも以上に盛り上がります。 

ツイキャスの魅力 

報酬は「投げ銭」 

ツイキャスは、「投げ銭」が報酬につながるシステムです。その投げ銭の種類も豊富で、ライバーへの還元率も7割と高いことが特徴です。他のライブ配信サービスは投げ銭の還元率が3割程度のこともあり、ツイキャスの還元率の高さが目立ちます。ツイキャスは、ライバーにとって稼ぎやすいアプリと言えます。 

SNSとの連携 

ツイキャスはTwitterやFacebook、instagramなどのSNSとの連携をスムーズに行うことができます。他のライブ配信サービスは、利用する前に会員登録が必須になることが多いですが、ツイキャスの場合は会員登録をしなくてもライブ配信の視聴ができるので、SNS経由で新しいリスナーを取り込みやすいという特徴があります。 

ツイキャスでは、他のサービスよりもコメントや投げ銭が活発に行われています。リアルタイムの配信でしかできないリスナーとの交流を楽しむことができます。また、スマホだけでなくパソコンからも視聴が可能なので、より多くの人に見てもらえるチャンスです。 

あなたはどちらのサービス向き? 

Pococha(ポコチャ)向きの人

これからライブ配信を始めてライバーとして活躍していきたい人には、Pococha(ポコチャ)がおすすめです。Pococha(ポコチャ)はツイキャスと比べて歴史が浅く、まだユーザー数がそれほど多くありません。そのため、これからライブ配信を始める人でもライバルが少ないので活躍するチャンスがあります。また、配信した時間によって報酬をもらえるので、まだファンが少ないライバーでも稼ぐことができます。稼ぎながら徐々に知名度を上げていくことができるので、初心者でも継続しやすいでしょう。 

また、今回紹介した「ファミリー」機能に魅力を感じた人にもPococha(ポコチャ)がおすすめです。Pococha(ポコチャ)は他のサービスよりもライバーとリスナーの距離が近く、アットホームな雰囲気があります。Pococha(ポコチャ)は、リスナーと家族のような関係になって配信を盛り上がりたい人向けです。また、アシスタントに任命した人がライブ配信の環境を整えてくれるという魅力もあります。自分一人でライブ配信環境を整備する自信がない人でも、Pococha(ポコチャ)ならより良いライブ配信をすることができます。 

ツイキャス向きの人

ツイキャスは、普段YouTube Liveやニコ生を利用している人におすすめです。コンテンツのカテゴリが豊富なので、自分だけの特技や個性を持っている人にはツイキャスがおすすめです。 

また、スマホだけでなくパソコンからの視聴も可能なので、幅広い人に視聴してもらえるチャンスがあります。SNSとの連携が強いので、他のサービスでは獲得できない層のファンを取り込めるチャンスが広がっています。

おわりに

今回は、Pococha(ポコチャ)とツイキャスの特徴的な機能を紹介しました。それぞれの魅力は伝わりましたか?Pococha(ポコチャ)はこれからライブ配信を始めたい人向けです。また、リスナーとより密に関わりたい人にも、Pococha(ポコチャ)が向いています、一方、ツイキャスは自分の特技や個性を活かしたい人向けです。 

自分がどんな配信をしたいか、どんなライバーになりたいかによって向いているアプリは異なります。自分の配信スタイルにあったアプリを選んで、トップライバーを目指しましょう! 

ライブ配信を始めるなら「ベガプロモーション」

今回、これからライブ配信を始める人にはPococha(ポコチャ)をおすすめしました。Pococha(ポコチャ)はリスナーからの投げ銭だけでなく、配信した時間にも報酬が支払われます。つまり、ライブ配信初心者でも稼ぐことができます。

とはいっても、より多くのファンを獲得したり、報酬を増やすにはコツがあります。コツを掴んでトップライバーになるには、「ライバー事務所」に所属するのがおすすです。ライバー事務所は、芸能人が所属する芸能事務所のようなものです。ライブ配信のノウハウを熟知しているので、トップライバーになるための良きパートナーになってくれます。 

現在数多くのライバー事務所が存在しますが、「ベガプロモーション」は多くの有名ライバーが所属している大手の事務所です。何か疑問があれば丁寧に対応させていただきますので、興味があったらまずはご連絡ください。
べガプロモーションのQRコード 

ライブ配信では、誰もが人気者になれる可能性を持っています。自分の魅力を最大限に発揮して、トップライバーを目指しましょう! 

ベガプロモーションへのリンク

Pococha(ポコチャ)とツイキャスの違いは?それぞれの特徴を徹底比較!
トップへ戻る