【徹底比較】Pococha(ポコチャ)と17Live(イチナナ)の異なる点!

新型コロナウイルス感染症の拡大により、自宅で過ごす時間が増えたという方が多いのではないでしょうか?その影響で、動画配信というものに興味を持ち始めたという方もいらっしゃると思います。

 

しかし、たくさんある動画配信アプリの中で、どれを選んだらよいのか、どれが自分に合っているのかを選ぶのは難しいですよね。そんな方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

本記事では、動画配信アプリ「Pocochaポコチャ)」と「17Live(イチナナ)」を徹底比較してみました!それぞれのアプリの仕組みや、報酬などにどのような違いがあるのかをみていきまそれぞれのアプリ特有の仕組みや特徴があるので、ぜひ比べてみてください。

Pococha(ポコチャ)と17Live(イチナナ)の特徴の違い

Pococha(ポコチャ) 

Pococha(ポコチャ)比較的新しい動画配信アプリです。20213月時点でダウンロード数は255万を突破し、順調に数字を伸ばしています。Pococha(ポコチャ)はライブコミュニケーションアプリなので、会話を重視するスタイルの配信が多くなっています。雑談をメインの配信スタイルとしている人が多いため、雰囲気はのんびりしています。そのため、一人ひとりのリスナーがライバー(配信者)と交流を楽しめる仕組みとなっています。

また、Pococha(ポコチャ)は日本発のライブ配信アプリです。そのため、ライバー(配信者)のほとんどが日本人なので、ライブ配信初心者の方にとって安心できる点かもしれません。

17Live(イチナナ)

17Live(イチナナ)は、ユーザー数4500万を超える人気のライブ配信アプリです。17,000名以上のライバー(配信者)が活躍しており、かなり規模の大きさを誇っています。そのため、ライバルが多いという点では、これからライブ配信を始めるという人には少しハードルが高いかもしれません。

また、17Live(イチナナ)の人気ライバーは、芸能人のようなルックスを兼ね備えていたり、歌やダンスなどの特技を持っていたりする人が多いです。そのため、トップライバーになるというのは至難の業といえるかもしれません。


17Live
(イチナナ)は台湾
発のライブ配信アプリで、海外のライバー(配信者)が多いという特徴あります。これから俳優や歌手として活躍してきたいと考えている方にとっては、良い経験を積むことができる環境かもしれません。自分のパフォーマンスに磨きをかけながら、国内外問わずに知名度を上げるチャンスです。

Pococha(ポコチャ)17Live(イチナナ)の特徴的な機能やツール

Pococha(ポコチャ) 

Pococha(ポコチャ)の大きな特徴は、報酬の仕組み。Pococha(ポコチャ)には、「ダイヤ」という報酬システムがあります。ライバー(配信者)は1ダイヤ=1として現金に交換することができます。

リスナーからダイヤを得る方法は、「盛り上がりダイヤ」と「時間ダイヤ」の2です。 

「盛り上がりダイヤ」は、リスナーからのコメントやいいね、アイテムの数、リスナーの視聴時間などの盛り上がりに応じてもらえるものです。 

「時間ダイヤ」は、配信時間に応じてもらえるものです。配信をすればするほどダイヤが貯まる仕組みになっている「時間ダイヤ」は、始めたばかりでファンが少ないというような初心者の方でも収益を得やすいというメリットがあります。

これらの報酬の仕組み以外にも、顔が盛れる「ビューティー機能」やチャットでライバー(配信者)とファンが交流をできる「ファミリー機能」などがあります。このような機能は、初心者でも安心してライブ配信やファンとの交流を楽しめる仕組みとなっています。

17Live(イチナナ)などに比べ、ユーザー数がまだ少ないということもあり、テレビCMの出演者を決めるイベントなどが行われています。ライバー(配信者)として活躍するチャンスを得られるような企画が多いのも、Pococha(ポコチャ)の特徴です。

17Live(イチナナ)

17Live(イチナナ)の報酬は、リスナーが購入したギフトによる「投げ銭システム」によるものです。このギフトの種類が多いというのが、17Live(イチナナ)の特徴のひとつです。

17Live(イチナナ)のギフトの例】

Event 

●ランダム 

●デラックス 

●ギフト 

●宝のツボ 

●お絵描き 

定番 

●アップグレード 

●お誕生日 

●エフェクト 

音付きギフト

 など 。

 

また、17Live(イチナナ)では、Vtuberも活躍できる場となっています。顔出しでの配信が難しいというような方でも活動しやすいライブ配信アプリです。 


Pooccha
(ポコチャ)と比較すると、特徴的なツールは少ないといえます。しかし、プロを目指すような方や配信目的が合っているというような方は、17Live(イチナナ)を利用すると良いと思います。

Pococha(ポコチャ)と17Live(イチナナ)はそれぞれどんな人に向いているのか 

Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)の特徴として、他のライブ配信アプリと比較してユーザー数が少ないということは既におわかりいただいているかと思います。そのため、初心者に向いているということができます。ファンと交流することができる「ファミリー機能というものがあるので、自分一人でライブ配信をするのが不安というような方でも、安心してライブ配信を楽しむことができます。

17Live(イチナナ)

17Live(イチナナ)ユーザー数が非常に多く、なにか秀でた芸を持っているプロを目指すライバー(配信者)がたくさんいます。ライブ配信で有名になりたい方や、今後ライバー(配信者)として生計を立てたいという方におすすめです。 

また、17Live(イチナナ)は台湾発のアプリなので、日本だけでなく、海外のユーザーも多くいます。そのため、海外での活動も視野に入れているような方や、国際交流をしたいという方にとっては非常に良い環境であるといえると思います。 

 

それぞれのアプリが、どのような方に向いているかはおわかりいただけたでしょうか?

・初心者やファンとの交流を重視したい方ならPococha(ポコチャ) 

・プロ志向や海外を視野に入れている方なら17Live(イチナナ)

まとめ

ここまで、動画配信アプリのPococha(ポコチャ)と17Live(イチナナ)について説明をしてきました。それぞれのアプリにはそれぞれの特徴や仕組みがあります。これらの特徴を踏まえて、それぞれのアプリにどのような人が向いているかを簡潔にまとめると、 

Pococha(ポコチャ)】 

初心者の方やファンとの交流を楽しみたい方 


17Live(イチナナ)】
 

プロを目指すような方や海外での活動も視野に入れている方 

ということができると思います。ご自身の配信スタイルや目標などを踏まえて、選んでみてください。

 

ライブ配信を始めるならベガプロモーション」へ! 

ベガプロモーション」は、17Live(イチナナ)やPococha(ポコチャ)のような日本の代表的なライブ配信アプリを全て取り扱っている事務所です。

多数のトップライバーを含め、3000名以上のライバーが所属しており、ライバーに対するサポートがとても充実しています。配信時間や獲得ギフトなどのノルマはなく、のびのびと自分のペースで配信を進めることができる環境が整っています。 

実績があり、手厚いサポートを受けることができるライバー事務所に所属したいと考えている方は、ぜひ「ベガプロモーション」のサイトをご覧ください。 

ベガプロモーションへのリンク

【徹底比較】Pococha(ポコチャ)と17Live(イチナナ)の異なる点!
トップへ戻る