【徹底比較】Pococha(ポコチャ)とMixChannel(ミクチャ)の違いをまとめてみた

みなさん、こんにちは! 

コロナウイルスの影響でおうち時間が増えたり、本業で稼ぎづらくなったりする中で、今ライブ配信が注目を集めています。特別な機材や技術がなくても気軽に始めることができるので、興味を持った方も多いのではないでしょうか?

しかし、ライブ配信アプリはたくさんあるため、その中から自分に合ったアプリを選ぶのは難しいですよね。そこで今回は、国内発のライブ配信アプリである「Pococha(ポコチャ)」と若い年齢層に人気の「MixChannel(ミクチャ)」特徴を比較してみました。 

Pococha(ポコチャ)とMixChannel(ミクチャ)の特徴を比較! 

 Pococha 

PocochaはDeNAが運営しており、約50万ダウンロードされています。他のアプリよりも競合となるライバーが少ないため、初心者の方が初めてライブ配信をする際にもおすすめのアプリとなっています。また、Pocochaは「ファミリー」という独自の機能があり、アットホームな雰囲気があるのが特徴です。 

日本発のライブ配信アプリであることから、ライバーさんのほとんどが日本人であることも特徴の1つ。初心者さんにとっては安心感があるかもしれませんね。 

MixChannel(ミクチャ) 

ミクチャは2013年に動画を撮影・編集して投稿し共有するサービスとしてリリースされました。現在のダウンロード数は1,300万を超えています。メインユーザーは中高生や大学生の女性であり、友人同士やカップルでの配信が中心です。元々動画の作成と投稿するアプリでしたが、2017年からライブ配信のサービスがスタートしました。 

PocochaとMixChannel(ミクチャ)、特徴的な機能やツールは? 

Pococha 

Pocochaが他のアプリと大きく違うポイントとして、配信に対する報酬を運営から受け取れる仕組みがあります。Pocochaではダイヤと呼ばれる報酬があり、1ダイヤ=1円で換金することができます。 

ダイヤを得るためには「盛り上がりダイヤ」と「時間ダイヤ」の2種類の方法があります。盛り上がりダイヤはコメントやいいね、アイテム数やリスナーさんの視聴時間などの盛り上がりによって得られるものです。一方で時間ダイヤは配信時間に応じてもらえるものです。 

「時間ダイヤ」は配信をすればするほど貯まるので、ファンがまだ少ない初心者の方でも稼げる仕組みとなっています。時給制をとるライブ配信アプリは珍しく、Pocochaならではの機能といえるでしょう。 

ちなみに1配信あたりでもらえるダイヤ数は、ライバーのランクに応じて昇給していきます。そのため、モチベーションの維持にも繋がりますね。最高ランクになると1時間あたり3,500円ほどもらうことができます。 

また、ライバーさんを応援するためのファンコミュニティ、「ファミリー」も独自機能の1つ。ファン同士で交流したり、ファンとライバーさんが一緒になって配信やイベントの作戦会議を行ったりできます。初心者さんもアットホームな雰囲気で楽しむことができるのがいいですね。 

ライバー数がまだ少ないため、始めたばかりでもイベントの優勝を狙いやすくおすすめのアプリです。 

MixChannel(ミクチャ) 

ミクチャは報酬システムがなく、収入が得られるのは公認ライバーのみとなっています。公認ライバーになるには運営や事務所からスカウトされる必要があります。また、公認ライバーにならなくても認知度がアップすれば、他の仕事に繋がることもあります。ミクチャですぐに稼ぐのは難しいため、知名度を上げてファンを作るのがおすすめです。 

ミクチャでは、一定の期間ごとに20以上のコンテストが用意されています。コンテストはファッション雑誌や企業・ブランドとのタイアップ企画から、オリジナル企画など様々です。ランキングの上位に入賞することで知名度が上昇し、自分をアピールする場が増え、ファンも付きやすくなるでしょう。 

また、ミクチャには「ファンクラブ機能」というものがあり、月額購読でライバーさんを応援できる機能があります。こうした機能を積極的に使うこともファンを増やす1つの方法です。 

さらに、毎月1万曲以上更新される「カラオケ機能」や音声のみの「ラジオ配信」ができるのもミクチャの特徴です。 

PocochaとMixChannel(ミクチャ)、それぞれどんな人が向いている? 

Pococha 

Pocochaはユーザー数が比較的少ないため、初心者の方におすすめのライブ配信アプリです。また、報酬システムの1つに配信時間に応じてダイヤが貯まる「時間ダイヤ」という仕組みがあるので、一定の収益がほしいという方にもおすすめです。 

リスナーさんとグループを作ってチャットできる「ファミリー機能」によって、ファンと深く交流することができます。コアなファンを増やしたい方にもおすすめのアプリです。 

MixChannel(ミクチャ) 

ミクチャは公認ライバーにならないと、報酬を受け取ることができません。しかし、コンテストが頻繁に開催されているのが魅力の1つです。コンテストの上位に入賞すれば、多くの人の目に留まり有名になることができます。また、メインユーザーが10代の女性なので、ターゲット層をはっきりとしてファンを作りたい方にもおすすめです。 

報酬が欲しいならPococha、有名になりたいならMixChannel(ミクチャ) 

ライブ配信アプリ、PocochaとMixChannel。この2つの大きな違いは収益システムにあります。 

配信を通じて報酬を得たい方はPococha、コンテストの出場などによって有名になりたい方はMixChannelを選ぶと良いでしょう。 

 ライブ配信をするならライバー事務所に所属しよう 

ライブ配信を始めたくても始め方がわからないという方や今後もっとライブ配信を頑張っていきたいという方はライバー事務所に所属することをお勧めします。 

ではライバー事務所はどこがいいのでしょうか? 

ライブ配信事務所は還元率が高くサポートが手厚いところに所属するようにしましょう。 

ベガプロモーション2000人以上のライバーが所属しており、大規模で大手のライバー事務所です。 

ベガプロモーションでは国内で利用されている代表的なライブ配信アプリは全て取り扱っているので自分が始めたいライブ配信アプリで活動をすることができます。 

これまでにたくさんのライバーを見てきているからこそのノウハウも確立されていて、ライブ配信者として人気が欲しい人にはとてもオススメな事務所です。 

ノルマなども一切ないため自分のペースでライブ配信者として活動して楽しむことができます。 

LINEでの相談も受け付けているので気軽に連絡ください。 お待ちしております!

べガプロモーションのQRコード

ベガプロモーションのリンクはこちら→https://vega-promotion.com/

 ベガプロモーションのリンク

【徹底比較】Pococha(ポコチャ)とMixChannel(ミクチャ)の違いをまとめてみた
トップへ戻る