【徹底比較】Pococha(ポコチャ)とLiveMe(ライブミー)の違いをまとめてみた

みなさん、こんにちは! 

コロナウイルスの影響でおうち時間が増えたり、本業で稼ぎづらくなったりする中で、今ライブ配信が注目を集めています。特別な機材や技術がなくても気軽に始めることができるので、興味を持った方も多いのではないでしょうか?しかし、ライブ配信アプリはたくさんあるため、その中から自分に合ったアプリを選ぶのは難しいですよね。

そこで今回は、国内発のライブ配信アプリである「Pococha(ポコチャ)」と世界的に人気の高い「LineMe(ライブミー)」特徴を比較してみました。

 Pococha(ポコチャ)とLiveMe(ライブミー)の特徴を比較! 

Pococha 

PocochaはDeNAが運営しており、約50万ダウンロードされています。他のアプリよりも競合となるライバーが少ないため、初心者の方が初めてライブ配信をする際にもおすすめのアプリとなっています。また、Pocochaは「ファミリー」という独自の機能があり、アットホームな雰囲気があるのが特徴です。 

日本発のライブ配信アプリであることから、ライバーさんのほとんどが日本人であることも特徴の1つ。初心者さんにとっては安心感があるかもしれませんね。 

 LiveMe 

LineMeは2016年にリリースされ、世界で1億ダウンロードを突破しています。中国や韓国などのアジア圏を中心にとして世界85か国で使われているため、海外のリスナー・ライバーさんが多いのが特徴です。日本人のユーザーは少なく、グローバルな交流や異文化の雰囲気を楽しむことができます。語学が堪能な方や海外が好きな方にとっては、国内外を問わず知名度を上げるチャンスがありますね。 

 

Pococha(ポコチャ)とLiveMe(ライブミー)、特徴的な機能やツールは? 

Pococha 

Pocochaが他のアプリと大きく違うポイントとして、配信に対する報酬を運営から受け取れる仕組みがあります。Pocochaではダイヤと呼ばれる報酬があり、1ダイヤ=1円で換金することができます。 

ダイヤを得るためには「盛り上がりダイヤ」と「時間ダイヤ」の2種類の方法があります。盛り上がりダイヤはコメントやいいね、アイテム数やリスナーさんの視聴時間などの盛り上がりによって得られるものです。一方で時間ダイヤは配信時間に応じてもらえるものです。 

「時間ダイヤ」は配信をすればするほど貯まるので、ファンがまだ少ない初心者の方でも稼げる仕組みとなっています。時給制をとるライブ配信アプリは珍しく、Pocochaならではの機能といえるでしょう。 

ちなみに1配信あたりでもらえるダイヤ数は、ライバーのランクに応じて昇給していきます。そのため、モチベーションの維持にも繋がりますね。最高ランクになると1時間あたり3,500円ほどもらうことができます。 

また、ライバーさんを応援するためのファンコミュニティ、「ファミリー」も独自機能の1つファン同士で交流したり、ファンとライバーさんが一緒になって配信やイベントの作戦会議を行ったりできます。初心者さんもアットホームな雰囲気で楽しむことができるのがいいですね。 

ライバー数がまだ少ないため、始めたばかりでもイベントの優勝を狙いやすくおすすめのアプリです。 

 LiveMe 

LineMeの報酬はリスナーさんからの「投げ銭」です。リスナーさんからのギフトの種類に応じて「ダイヤ」をもらうことができ、そのダイヤを現金に換金、もしくはライブミー内で利用できる「コイン」に交換が可能です。 

LineMeの還元率は10~30%と言われており、他のライブ配信アプリと比較しても高いほうではありません。その代わりに、ダイヤがもらえるイベントが高頻度で開催されています。 

イベントの内容としては、テーマに関する話を配信中に語り、もらったギフト数でランキングを競うイベントや期間内の配信時間を競いランキング化するものなど、様々なものが用意されています。定期開催されているクイズ番組に参加してダイヤを増やすのも1つの方法ですね。 

また、LineMeにはリスナーさんと1対1で話をすることができる「ナイショ話機能」があります。ファンの固定化や特定のファンを深く知ることが可能となる機能です。ただし、中には出会い目的の悪質なリスナーさんもいるので、注意して使いましょう。上手く活用できれば有効な機能ですので、コアなファン作りの際に役立てましょう。 

 

Pococha(ポコチャ)とLiveMe(ライブミー)、それぞれどんな人が向いている? 

Pococha 

Pocochaはユーザー数が比較的少ないため、初心者の方におすすめのライブ配信アプリです。また、報酬システムの1つに配信時間に応じてダイヤが貯まる「時間ダイヤ」という仕組みがあるので、一定の収益がほしいという方にもおすすめです。 

LiveMe 

LineMeは世界各国で多くの有名人の方がすでに配信しているので、何か一芸をお持ちの方におすすめです。また、海外ユーザーが多いため、グローバルに活動したい方や海外の方と交流がしたいという方も向いているといえます。 

報酬重視ならPococha、海外でのファンづくりならLiveMe 

以上をまとめると、報酬重視・日本人ユーザーが多い安心感を求める方はPococha、グローバルな交流がしたい方はLineMeを選ぶことをおすすめします。 

ライブ配信をするならライバー事務所に所属しよう 

ライブ配信を始めたくても始め方がわからないという方や今後もっとライブ配信を頑張っていきたいという方はライバー事務所に所属することをお勧めします。 

ではライバー事務所はどこがいいのでしょうか? 

ライブ配信事務所は還元率が高くサポートが手厚いところに所属するようにしましょう。 

ベガプロモーション2000人以上のライバーが所属しており、大規模で大手のライバー事務所です。 

ベガプロモーションでは国内で利用されている代表的なライブ配信アプリは全て取り扱っているので自分が始めたいライブ配信アプリで活動をすることができます。 

これまでにたくさんのライバーを見てきているからこそのノウハウも確立されていて、ライブ配信者として人気が欲しい人にはとてもオススメな事務所です。 

ノルマなども一切ないため自分のペースでライブ配信者として活動して楽しむことができます。 

LINEでの相談も受け付けているので気軽にご連絡ください! 

べガプロモーションのQRコード

ベガプロモーションのリンクはこちら→https://vega-promotion.com/

ベガプロモーションのリンク

【徹底比較】Pococha(ポコチャ)とLiveMe(ライブミー)の違いをまとめてみた
トップへ戻る