人気のライブ配信アプリ5つの稼ぎを徹底比較!

ライブ配信というものが世の中に知れ渡り、たくさんのライブ配信アプリが普及しています。リスナーとしてライブ配信を楽しんでいる人の中には、自分もライバー(配信者)になってみようかなと思っている人もいるのではないでしょうか。

せっかくライブ配信をするのなら、お金も稼ぎたいですよね。「ライブ配信はどのくらい稼げるのか」と気になっている人もいると思います。本記事では、そのような方のために、人気のライブ配信アプリ5つそれぞれで、どのくらい稼ぐことができるのかを比較しました。ぜひ最後までご覧ください。

ライブ配信ってほんとに稼げるの?

結論から言えば、ライブ配信は稼げます!

 ただし、ライバー(配信者)全員が同額の収入を得ているわけではありません。それぞれが稼ぐ金額にはバラつきがあります。ライバー各々のスキルや経験値、人気度などによって差が生まれてきます。中には、月数十万円から数百万円稼いでいて、それだけで生計を立てられるというようなトップライバーもいますが、多くの方は月数千円のお小遣い程度の収入や月数万円の副業程度の収入となっています。

人気のライブ配信アプリでどのくらい稼げるのかを徹底比較

ライブ配信は稼げるということがわかれば、次に気になるのは、「どのアプリでどのくらい稼げるのか」ということですね。ここからは人気のライブ配信アプリ5つを比較していきます。

・SHOWROOM 

SHOWROOMは、国内のユーザーが多く、会員数350万人超えのアプリです。リスナーがライバー(配信者)にプレゼントすることができるアイテム(有料)が充実しています。一番高価なギフトはなんと1万円。そのような理由から、人気ライバーになると月100万円程度は稼ぐことができるといわれています。また、SHOWROOMは稼げるというだけでなく、芸能界デビューへのチャンスがある場所となっています。将来的に芸能界で活躍したいというような方や、アイドルを目指すような方におすすめのアプリです。

17Live(イチナナ)

17Live(イチナナ)は台湾発のアプリで、世界中にユーザーが存在します。ライブ配信の定番のアプリといえば、17Live(イチナナ)というような方も多いのではないかと思います。 

17Live(イチナナ)が行った調査によると、月6万円以上稼ぐライバーは4,000人以上、月3万円以上稼ぐライバーは6,000人以上とのこと。副業レベルの収入を得ているライバーがこんなにもたくさんいるということがわかりますね。そのため、学生やパートタイムで働いているような方、会社員の副業にぴったりなのではないかと思います。

・BIGO LIVE(ビゴライブ) 

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、シンガポール発のアプリです。世界150ヵ国以上に2億人以上のユーザーという驚異的な数字を誇っています。日本ではユーザー数はまだ少ないという現状ですが、これからどんどん増えていくでしょう。

そんなBIGO LIVE(ビゴライブ)の公式サイトによると、最大で月5,000ドル(日本円で月50万ほど)稼いでいるライバーがいるとのこと。世界中にユーザーがいるので、いろいろな国のたくさんのリスナーにライブ配信を見てもらえる可能性もあります。夢が広がりますね。

・ふわっち 

個性的な配信をするライバーが多くいるアプリである、ふわっち。ゲーム実況や歌唱など、自分の趣味や得意なことを生かしたライブ配信が多いのが特徴です。なんとなく女性ライバーが多いイメージのライブ配信ですが、ふわっちでは男性ライバーも目立っています

そんな特徴のふわっちは、「稼げるアプリ」として最近注目されています。ふわっちが稼げる理由は、ランキングに応じてもらえるポイントが充実しているということ。ふわっちでのライブ配信を本業としているライバーの中には、月300万円稼いだというような方もいるようです。ゲーム感覚でランキングの上位を目指すことができれば、楽しく稼ぐことができそうですね。

Pococha(ポコチャ) 

Pococha(ポコチャ)は2017年にリリースされた、比較的新しいライブ配信アプリです。とはいうものの、ライブ配信アプリの中での人気度では上位にランクインしています。最近注目度の高いアプリとなっています。

Pococha(ポコチャ)のライバーの収入は正式には公開されていません。Pococha(ポコチャ)に特化したライバー事務所に所属しているライバーの収入モデルをみてみると、月20~40万円程度となっています。このくらいの金額を稼ぐことができれば、ライブ配信をメインの仕事としても良いのではないかと思います。

また、Pococha(ポコチャ)の特徴として、配信時間に応じて報酬をゲットできるという仕組みがあるので、初心者でも稼ぎやすいアプリであると思います。実際に、Pococha(ポコチャ)では、「初心者でも工夫をすれば月数万円稼ぐことができた」というようなレポートもあります。

ライブ配信で稼ぐなら、アプリの特徴を知ろう

ライブ配信アプリはたくさんあります。アプリによって違いはありますが、ライブ配信をすれば月数千円~数万円稼ぐことができます。また、トップクラスのライバーになれば、月数十万円~数百万円稼ぐような人も。夢のようなお仕事ですね。ライブ配信は、ほんの一部の人が稼げるものではなく、多くの人が収入を得られるものであるということができると思います。

ライブ配信を始めるなら「ベガプロモーション」がおすすめ! 

ライブ配信が誰でも稼ぐことができるとは言いましたが、初心者がいきなり数百万円を目指すというのは少し難易度が高いです。トップライバーになってたくさん稼ぎたいと思っていても、高い目標を掲げすぎると、途中で諦めてしまうことになるかも。それでは勿体ないですよね。

ライブ配信を頑張っていきたいと思っている方は、ライバー事務所への所属をおすすめします。 

オススメの事務所は「ベガプロモーション」! 

ベガプロモーション」は、17Live(イチナナ)やPococha(ポコチャ)のような日本の代表的なライブ配信アプリを全て取り扱っている事務所です。多数のトップライバーを含め、3000名以上のライバーが所属しており、ライバーに対するサポートがとても充実しています。配信時間や獲得ギフトなどのノルマはなく、のびのびと自分のペースで配信を進めることができる環境が整っています。 

実績があり、手厚いサポートを受けることができるライバー事務所に所属したいと考えている方は、ぜひ「ベガプロモーション」のサイトをご覧ください。 

ベガプロモーションへのリンク

人気のライブ配信アプリ5つの稼ぎを徹底比較!
トップへ戻る