話題のインターネットラジオとは?配信方法やおすすめアプリ6選をご紹介! 

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツが人気ですが、最近は音声のコンテンツであるインターネットラジオがじわじわ人気を集めているのをご存知でしょうか? 

動画と違って顔出ししなくとも配信できるので、身バレを気にせず気軽に発信できる方法としても注目を集めています。今回は、インターネットラジオでの配信の仕方とおすすめのアプリを紹介します。 

インターネットラジオとは 

 インターネットラジオとは、その名の通りインターネットを介して聞くラジオのことです。 

「家事や運動中に“ながら聞き”ができる」「目を休めつつもコンテンツを楽しめる」「寝る前にも聞ける」など、インターネットラジオが人気を集めている理由はたくさんあります。 

インターネットラジオが聞けるアプリは、大きく3種類 

1つ目は、radikoのように昔ながらのジオで流れている放送をスマホでも聞けるアプリです。 

2つ目は、インターネット上でしか聞くことのできないコンテンツも配信されているもの。代表的なのが「Podcast(ポッドキャスト)」です。
配信者は芸能人や知識人が多く、ニュースを深掘りしたものや特定の分野に特化したコンテンツなど、聞いていて勉強になるものがたくさんあります。
「Voicy(ボイシー)」は特に審査が厳しく、選ばれた有名人やインフルエンサー、大手メディアや有名企業などが話し手でありながら、彼らの話が無料で聞けるお得なアプリです。 

3つ目は、気軽に音声コンテンツを投稿できる音声配信アプリ。ラジオ放送と違って誰でも配信できるので、ここでしか聞けないディープな内容から雑談のようなゆるっとしたものまで、バラエティ豊かなのが特徴です。今回は配信する側のお話でもありますので、この音声配信アプリについてご紹介していきます。 

 

インターネットラジオの配信の仕方 

インターネットラジオで配信するなら、誰でも配信可能なアプリを選びましょう。 

アプリで会員登録をした後、投稿画面にて音声を収録し、編集(音声カットやBGMの追加など)するか、録音済みの音声データを読み込んでアップするだけで完了です。 

アプリによってはライブ配信もできるので、リアルタイムでリスナーさんと話したい方にはぴったりです。 

 

インターネットラジオでおすすめのアプリ6選 

ここでは、気軽に配信もできるインターネットラジオアプリを紹介します。 

・Radio Talk(ラジオトーク) 

音声配信アプリとして知名度の高い「Radio Talk」。アプリだけでなく、パソコンから会員登録しなくても聞けるので、「インターネットラジオってどういう感じなんだろう?」と試してみたい方におすすめです。 

12分を制限に、自由に語ることができ、音声の編集や加工ができる「トーク収録」も、生放送でリスナーと盛り上がれる「ライブ配信機能」もあります。Radio Talkで収録した音声はポッドキャストなど他のアプリにも自動配信できるのもポイントです。 

またこちらも投げ銭機能があり、ラジオパーソナリティを目指す方の第一歩になるかもしれません。 

アプリ内でよく検索されるハッシュタグは、笑い話、雑談、恋バナなどのようです。なんだかとっても楽しそうですよね。 

・Spoon(スプーン) 

10〜20代をはじめとした若い世代に人気の「Spoon」。全世界でユーザー数が2600万人を超える人気の韓国発アプリです。ライブ配信や収録済みコンテンツだけでなく、お題に沿ったTalk(声劇)があるのがポイントプロ顔負けのボイスで好きな台詞を楽しむことができます。掲示板機能があったり、チャット機能を使ってリアルタイムでリスナーとコミュニケーションをとれるほか、録音した音声の配信も可能です。 

配信者のランキングが表示されるので、人気になればなるほど見てもらえる仕組みが特徴。ユーザー数が多いので、投稿が埋もれないような工夫をしてみましょう。 

また配信者であるDJに対して課金できる投げ銭機能があるので、副収入を得るにもぴったりです。 

今アプリ内でよく検索されるハッシュタグは、雑談、歌、声劇、寝落ち、弾き語りなどのようですよ。 

・stand.fm(スタンドエフエム) 

シンプルなデザインで使いやすいのが「stand.fm」。ライブ配信・収録どちらでも配信ができるほか、アプリ以外で録音した音声も配信できレターやコメントを通じた、配信者とリスナーの丁寧なやりとりに定評があります。 

新しいアプリで配信者や有名人も少ないため、初心者でも始めやすいのがメリットです。どんな配信をしたいかを考えながら、いちから自分の世界観をつくっていきましょう。 

また、自分のチャンネルを応援してくれる月額課金ユーザーに向けて限定配信できる「月額課金チャンネル機能」も特徴のひとつ。よりコアなファンを獲得しやすいのが魅力です。 

聴取時間により報酬が発生するパートナーになるためには審査が必要です。 

・Pococha(ポコチャ) 

ライブ配信アプリである「Pococha」。顔出し配信がメインですが、最近は音声のみのラジオ配信でも人気を集めています。 

ライバーは、顔出しかラジオ配信にするかを、毎回配信するたびに選べます「ラジオもいいけれど、ゆくゆくは顔出しもしてみたい」「ライブ配信してみたいけれど、顔出しするかどうか迷っている」という方にぴったりです。 

リスナーからリアルタイムでコメントが届くため、みんなで一緒に盛り上がる感覚を楽しめます。投げ銭機能のほか、配信時間に応じて報酬がもらえるので、初心者でもあっという間に“副業”になるかも! 

・HAKUNA LIVE(ハクナライブ) 

ハクナライブは、ライブ配信アプリですが利用者の8割以上がラジオ配信を利用しているアプリです。もちろん顔出しありのライブ配信もあります。 

しかしラジオ配信がしたい!と考えている方にとっては、ほとんどの方がラジオ配信をしているアプリだとやりやすいというのもあるかもしれませんね。 

またハクナライブは投げ銭機能もあり収益化が可能です。還元率が80%など超お得に稼げるイベントも多く開催しているので要チェックですね! 

・ピカピカ 

ピカピカは、「音声コミュニティ」として声劇や歌、ASMRなど音声を楽しむ方が集まるアプリです。声優番組などもあり、「サークル」という趣味を共有できるグループチャットがあることが特徴的です。音声の配信をしたり聞いたりするだけでなく、コミュニティとして自分と同じ趣味をもつ友達がつくれるコミュニティアプリです。 

 

リスナーとしても楽しめるアプリで配信しよう 

インターネットラジオアプリは、機能的には似ているものが多いですが、アプリのデザインや配信者の属性、投稿されているコンテンツの傾向はそれぞれ異なります 

自分が配信しやすいアプリを見つけるには、まずはリスナーとして使ってみるのが一番。楽しいと思えるコンテンツがたくさん見つかるアプリでは、自分が配信するときも「この人のラジオ、面白い!」と感じてくれるリスナーに出会いやすいでしょう。 

まずは色んなアプリで聞いてみてください! 

 

ライブ配信・音声配信をきっかけに稼ぐなら、事務所所属がオススメ! 

近年、副業をもつ方もどんどん増えており、その選択肢のひとつにライブ配信者があります。手軽にはじめられて、コツコツ努力すれば月100万以上の収入にもつながる可能性のあるライバー。しかし、やり方がいまいちわからない。どんな配信をすれば人気になれるのかわからない。なかなか知名度がアップせず、リスナーも増えない。など数々の心配事やお悩みも多く聞きます。 

そんな方にオススメしているのが、事務所への所属です。 

事務所といっても様々なので、選び方には注意や工夫が必要です。最初から長期契約を結ばずに短期契約からスタートするなど、慎重に選んでほしいものですが、上手く自分にあった事務所がみつかれば、初期のサポートだけでなく、定期的なサポートが受けられたり、宣伝活動をしてもらえたりなど手厚くサポートしてもらえ、ライブ配信がもっと楽しく安心してできるようになるでしょう。 

ベガプロモーション所属タレントが2000名を超える大手事務所で、ノルマや制約がなく、自由に自分がやりたいことを発信できるのが特徴の事務所です。また海外にも強いので、海外志向の方や、きついノルマが嫌だというかたにぜひおすすめです。 

気になった方はぜひご連絡ください!

べガプロモーションのQRコード

ベガプロモーションへのリンク

楽しいライブ配信生活がおくれますように! 

話題のインターネットラジオとは?配信方法やおすすめアプリ6選をご紹介! 
トップへ戻る